薬剤師がご自宅にお伺いします。

薬剤師が在宅にお伺いするサービスをご存知ですか?

このサービスは

1)介護保険を利用されている方は限度額に関係なく自己負担が1回約500円程度(自己負担が10%の場合)

2)介護保険を利用されていない方は医療保険で自己負担が1回約500円程度(自己負担が10%の場合)

のご負担でご利用いただけます。

では、薬剤師がご自宅でどのような業務を行うのでしょうか。

 

また、最近では

高齢者の方の薬が多い

ことが問題視されてきていて、老年医学会でも薬を減らすための取り組みやガイドラインが作られているほどなのです。

こちらは老年医薬会と老年薬学会という高齢者の方の薬や治療についての学会が発行しているパンフレットです。

薬の副作用は

高齢者独特の「老化による体の機能の低下」に似ていて

1)ご飯が食べにくくなった

2)足がふらつくようになった

3)ぼーっとする時間が増えた

など、薬の副作用なのか、老化によるものか判断がつきにくいのです。

だからこそ、患者さんの機能を見る専門家の医師と、薬の副作用の専門家の薬剤師が連携して、情報を共有し、薬を減らしたり、副作用が発生していないかを確認していくことが大切なのです。

 あれ?うちは大丈夫かな?

そう思ったら、お気軽にご相談ください。