受験をひかえて風邪をひかないために

受験をひかえて風邪をひかないために

受験シーズンも佳境になってきました。奮闘する受験生も、支える家族の皆さんも、いよいよ冬の決戦ですね。

いままで積み上げてきたことを確かな形にするためにも、健康が第一です。

 

免疫力が低下するのは、身体が弱っているから

 

病気になったり怪我をしたりすると、身体の治癒力で治そうとするので、免疫の働きが活発になり、炎症が起きます。炎症も身体を治そうとする反応なのですが、そのせいで熱が出たり腫れたりします。この反応が全身で暴走しないように、コントロールするためのホルモンを身体は出します。

このホルモンをステロイドホルモンといいます。ステロイドホルモンは、免疫力を下げます。また、このホルモンはストレスを感じると放出されることも分かっています。

 

一生を決める受験の準備のストレスは避けられません。それだけに、そのほかの部分でそのストレスを解消し、風邪などを寄せ付けないことが重要です。

 

睡眠不足や、不規則な生活は、ストレス解消の妨げになります。

受験を控えた今こそ、規則正しい睡眠と、散歩など身体を動かす時間が非常に重要です。

 

もしも、徹夜が続いてしまうなど身体が弱ってしまったときには、バランスの取れた食事で体力をしっかり維持し、規則正しい生活に建て直して十分な睡眠をとりましょう。

特に必須アミノ酸をしっかり摂り、細胞の修復・回復のための材料を供給しなければなりません。(コンクレバン)

 

薬で眠たくなったら困る!でも飲める薬がありますよ。

 

風邪薬が眠気を誘うのは、身体を休ませるうえでは必要なことです。身体を病気と闘うことに集中させるには、十分な睡眠が必要なのです。

ですが、はなや咳のために飲んだくすりなのに、眠気が出ては受験に影響が出ます。

そんなときには、眠気の出る成分が含まれていない漢方の小青竜湯や、眠気の出にくい市販の抗アレルギー薬が効果的です。最近は医療用の成分と同じ、アレグラ、クラリチン、アレジオンといったお薬が市販薬としても購入できますし、零売といって、これまでこれらのお薬をもらっていた薬局で処方箋なしで購入できる方法もあります。

零売についてはこちらを参考に→こちら

これまで当薬局でお薬をもらっていて、病院に行くのもちょっと・・・という方はお気軽にお電話ください。

 また、どの店舗で以前もらっていたかわからない場合も、本店までお電話いただければ対応可能です。

本店の電話はこちら

0742-71-4783

もしも風邪をひいてしまったら

 

受験生の方も、早い段階で風邪薬を服用し、勉強はひとまずおいて、しっかり睡眠と栄養を摂って回復に専念してください。

風邪薬は、何度も言いますが、ウイルスをやっつけたり、風邪の原因を治したりしません。

風邪を治すためには、あなたの身体が病原体と闘う必要があるのです。

その身体がゆっくり休養するのを助けるのは風邪薬です。

深い睡眠を十分とることで、短い時間で身体は見違えるほど回復します。

結局、勉強などの大事な時間のロスが一番少なく済むのは、早めの休養なのです。

 

「わたしは/うちの子は風邪をひきやすくて困っている」という方へ

 

漢方には中を建て直す薬、小建中湯というお薬があります。

もともとは子供の虚弱体質や夜泣き、おなかが弱い、風邪をひきやすいといった症状を改善するお薬ですが、緊張するとおなかが痛くなったりするようなときや疲れがひどい場合などの大人にも使います。

消化吸収の力が落ちていると、栄養が十分摂れず、その結果身体のあちこちに影響が出ますが、この漢方が建て直す「中」とはそのおなかの状態のことです。おなかの状態を改善し栄養をしっかり利用できるおなかをつくるお薬なのです。

 

受験に向かって頑張る方たちに、ちょうどよく合うお薬です。

甘味がありシナモンの香りがして温かいお湯で服用すると、ほっとする味です。

 

また、奈良には当帰といういい薬があります。血液の流れを良くして身体を温めます。特に普段運動習慣がなく、勉強に一生懸命だけど体力に自信のない、線の細い女性の方にとって宝のようなお薬です。生理のたびにいつもの調子が出ない方におすすめです。

これをどんな方にも飲みやすくしたドリンクがあります。

 

ぜひご相談ください。

もっと読む

馴染みの先生が遠い!?オンライン診療を相談してみましょう!

馴染みの先生が遠い!?オンライン診療を相談してみましょう!